女性

うつ病に関する基本知識を学ぼう|知ると役に立つ

症状を知ろう

看護師

人はどうしてうつ病になってしまうのでしょうか。生活をしていれば、誰でもショックなことや辛いことは起きます。そのような経験をした場合に上手く対処できない場合に発症すると考えられています。このページでは、うつ病が原因で、人の心に与えるダメージや症状を紹介します。
人は誰でも一過性のうつになることがありますが、時間が経過することで改善されていきます。ですからうつになる事が問題ではありません。凹んでもしっかりと立ち直ることが大事です。ですが精神を消耗した状態では、上手く立ち直ることができません。そのため、うつの状態が長期間続き次第に症状が重くなってしまうのです。原因がわかっていてもうつ病の人がうつ状態になると、回復することできずに心身ともに疲れ切ってしまいます。そのなると一人で改善することは困難なので、周囲の人が力を貸してあげてください。

原因は様々ですがうつ病の症状は、ほとんど同じです。代表的な症状は気分障害です。通常、嬉しいときや喜び、悲しいときは涙を流します。しかし、うつ病になると上手くコントロースすることができなくなります。心と体のバランスが崩れていることが原因で、嬉しいことがあっても上手に喜ぶことができなくなります。これが気分障害という症状です。うつになると、一過性の気分障害に陥りやすく、回復のために沢山のエネルギーを消費してしまいます。重度の場合は、なかなか抜け出すことができなくなり、人間関係のトラブルに発展することもあります。働くこともできなくなり、日常生活もまともに送れない状態になるので、家族にも大きな負担になってしまうこともあります。そのため、早め専門医の治療を受けることが大事です。うつ病になっている人が自分の意志で病院に行くことは困難ですので、家族がサポートして一緒に病院に行きましょう。

気分障害以外にも、意欲と思考の低下も典型的な症状です。何に対しても関心がなくなり、無感情の様に見えてしまいます。昔は好きだったものや熱中していた趣味に、関心がなくなったら要注意です。うつ病になると楽しいという感情が欠落しますので、すぐに飽きて興味をなくしてしまうでしょう。意欲の低下が原因で、うつ病に気づくこともあります。さらに、自分で考えることを拒否するので、思考も低下してしまうでしょう。精神のバランスが崩れているために、セロトニンという物質が沢山分泌された状態になります。セロトニンには海馬に影響を与えるので、記憶力が低下し、やがては思考の低下を招きます。このような症状の人は治療を受ける必要があるでしょう。